評判が良いリロケーションを実施

夫婦で海外転勤のため戸建てをリロケーションに

私たちは、夫婦でアメリカのニューヨークに海外転勤することになりました。
これまで住んでいたのは東京都のベッドタウンでの戸建て住宅。
持ち家であり、手放す気が無かったので不動産に相談したところ、「リロケーション」という手法があり、人に留守番をしてもらいながら住んでもらい、しかも賃貸料を受ける事ができるという都合の良いものでした。
せっかくの良いシステムなため、評判が良かったこともありますが、すぐにこの利ロケーションのシステムを利用することにしました。
不動産屋に色々とお願いをしたのちに、数日すると入居希望という人が現れたと連絡を受けました。

空き家管理ができる!国内のリロケーション会社を口コミや評判で徹底比較してみた! https://t.co/Hlg85uNAS3

— 野村 信輔 (@DanielStribog) 2018年8月6日
入居希望の方々は、学生さんとのことでした。
学生さんが三人でルームシェアするとのことです。
実際に面接をしたところ、家を大切に使ってくれるとのことでしたので、リロケーションに同意しました。
その後、数週間で我々はニューヨークに旅経つことにしました。
家の鍵などは不動産屋にわてして、あとは不動産屋に任せるというスタンスでした。
ニューヨークに行ってから、私たちは慣れない土地で格闘していましたが、そんな時、日本から手紙が届いたのです。
それは、私たちの家に住んでいる人からの手紙でした。
私たちはその手紙にとても心温まりました。

夫婦で海外転勤のため戸建てをリロケーションに : 家を借りた女学生達からの手紙に心温まる : 家を通じて良好な人間関係が築けたことに感謝

リロケーション(評判) : リロケーション会社選び